日払いと即日払いは違います!!!

最近のバイトで人気なのが「短期」「日払い」「即日払い」のバイトです。

 

バイト情報誌やバイト情報サイトでもこれらのアルバイトが男女問わず人気で、頻繁に特集が組まれています。

 

なぜ人気なのかというと、働きたい時に働けるからと発言する人が多いです。

 

自分のペースで稼ぎたい時にしっかり稼ぎ、空いた時間で例えば勉強するも良し、遊ぶも良し。

 

ONとOFFを使い分けて効率良く稼ぐのには最適な働き方といえるのです。

 

更には近年の不況で、社会人が日払いや即日払いのバイトをするというケースも増えています。

 

賞与がカットされたり、昇給しないどころか給料が下がってしまう状況で、企業の方も社員の副業を認めたり黙認する場合があるのです。

 

しかし、一般の社会人が平日にフルタイムで働くことは不可能です。そんな社会人に人気急上昇中なのが日払いバイトなのです。

 

日払いバイトは基本的に1日単位の仕事なので、これならば社会人でも仕事が休みの週末などでも働くことができるという訳です。この先も不況が続く見込みなので、社会人の日払いバイトは増える一方だと考えられます。

 

「短期」「日払い」「即日払い」のバイトが人気の理由に、稼いだお金がすぐに手に入るからという意見も多数ありました。

 

確かにバイトを選ぶ際に、給料がすぐに欲しいという理由で「日払い」の短期アルバイトを希望する人が増えています。短期アルバイトを募集している会社はたくさんあり、「日払い」を謳っているアルバイト先もありますが、気をつけなければならない注意点があります。

 

「短期バイト」とは言葉の通り、短期間という短い期間のみバイトを募集する事で、クリスマス期間のみの短期バイトや、夏休み期間中のみのバイト等があります。給料体系はまちまちで、全て終了してから給料が支払われる形や、一定の働きで何度かに分けて給料が支払われる場合もあります。ですから、短期バイトだからといってすぐにお給料が貰える訳ではないので注意して下さい。

 

次に要注意なのが「日払い」と「即日払い」の違いについてです。この2つは、根本的に意味が違います。まず「日払い」ですが、給与計算をする上での締め日が1日ごと、という意です。つまり必ずしも仕事が終わってすぐにお金がもらえるわけではありません。日払いといっても、仕事を行ったその日の給料が数日後もしくは一週間後などに振り込まれるようなことも珍しくないのです。

 

一方「即日払い」とは、働いたその日にバイト代が支払われること。要するに毎日が給料日になる訳です。土木・建築といった体を動かすアルバイトにおいて採用されていることが多い形になります。
意外に知らかった!という人や、勘違いしていたという人も多いのが「日払い」と「即日払い」の違い。勘違いしていた為に、アテにしていた現金収入を予定通り受け取れなかった・・・なんてこともありますので、注意して下さいね。

 

 

日払い・即日払い探すならコチラ