最近ニュースでもよく見かけるブラックについて

誰しも一度はアルバイトをした事があるかと思います。多くの人が問題なく働く事ができていますが、中にはアルバイトでの働き方、人間関係、仕事内容について悩みがあったり、トラブルに巻き込まれてしまっているなんてこともあるでしょう。

 

 

たいていのバイト先が優良なところでしょうが、中にはいわゆるブラックバイトと言うアルバイト先が存在するのです。

 

 

テレビでもよく取り上げられるため、ブラックバイトも一昔前に比べれば多くの人に知られるようになりましたが、実際に経験してみないと本当にそんなブラックバイトなんてところが存在するのか疑っている人も多いのが事実です。

 

 

中にはブラックバイトと気が付かずにその環境で仕方なく働いていると言う人もいるでしょう。

 

 

実際、ブラックバイトと言うのはどんなものなのでしょうか?

 

ブラックバイトの実情はじつに様々なものがあるのですが、その中でも頻回に行われている事例を紹介します。

 

時間外に働かせる。

基本的にアルバイトは働いた時間に応じて給料が支払われるものです。決められた時間に時給額をかけたがくを支払われることになるのですが、この時間を確認するのにはタイムカードで管理するのが一般的です。ブラックバイトはこれを悪用します。タイムカードに表記された時間で給料を計算するため、逆に言えばタイムカードを早めにきらせたり、タイムカードを切ってから働かせたりする、いわゆる残業や時間外が給料に反映されなくなってしまうのです。本来であれば、着替えや仕事の準備の時間も勤務時間に換算されなければいけないのですが、着替えや準備が終わってからタイムカードを切らせたりすれば、その時間は給料に反映されなくなってしまいます。1日たった10分程度だとしても、6日で1時間分の給料を損していることになるのです。そういったことを平然とやっているバイト先はたくさんあります。タイムカードを切ってから残業させるという悪質なところもありますが、それが当然となっている職場であると、ブラックバイトだと気がつかずに働いている人が結構多いのが現状です。

 

勤務に自由がない

求人や面接の段階では、自分の都合の良いときに働けるなんて表示されていたとしても、いざ働いてみると働きたい日に働けなかったり、予定が合って働けない日に無理矢理勤務をいれられたりなど、シフトに自由がきかなく、店側の都合の良い日に働かさせるということが起きています。これも働いている以上店側の都合に合わせなければいけないと泣き寝入りをしてしまう人が案外多いのです。確かに自分の都合の良い日のみだけ働くということは他のバイトの人との兼ね合いもあるので仕方がないと思いますが、店側の都合を全て押しつけられてしまっては、自分の予定が立てれなくなってしまいます。中には休みを全く入れずに何日も連続で働かせるというようなことも平然と行われているバイト先もあるくらいです。

 

仕事に内容

最初の段階では簡単な仕事を行うだけで良かったはずが、後から様々な仕事をおしつけられ、中には資格がないと行えないような危険な作業を行わせるという職場もあります。これはもちろん違法ですが、人が足りない、他の人がやりたくないなどの理由で無理矢理バイトに危険だったり、きつい仕事を押しつけるということもあります。また、仕事でミスが起きてしまった際、給料から天引きするなんて事もあるくらいです。あえてバイトでは行いにくくミスが起きやすいような仕事を行わせて、そのミスにつけ込んで罰金のようか形でお金を天引きしてしまうのです。

 

以上の例はほんの一例です。ブラックバイトは今大きな社会問題となっています。

 

 

自分が働いているバイト先は問題ないと思い込まないで下さい。

 

 

一度自分のバイト先の働き方などを思い出して、おかしな点がないか確認してみて下さい。

 

 

店側の都合を全て受け入れる必要はありません。バイトも立派な労働者ですし、ちゃんと法律で守られているのです。

 

 

もしもブラックバイトのような悪質か環境で働いているのであれば、我慢することなく声を上げることが大事です。何も変わらないようであれば体をこわす前にさっさと辞めてしまいましょう。

 

 

日払いで自分の希望通り働きませんか?