根強い人気の工場バイト

ちょっと地味な聞こえですが、根強い人気なのが工場系のバイトです。

 

販売系や飲食系バイトと違い接客業務の必要性がありませんから、人と接する事が苦手だったり、コツコツと作業をする事が好きな人にはベストなバイトです。

 

子供が学校へ行っている平日に絞って工場バイトする主婦や、サラリーマンが休日に副業としてバイトするケースも目立ちます。

 

中でも最近気になるのが、日払いで工場バイトをする人達です。

 

求人サイトなどで工場バイトの詳細を見ると、結構日払いで募集しているのが目立ってきています。昔は工場バイト=長期のパート主婦という見解が多かったものの、最近は働く人や時間帯、そして日数にも広がりが見えています。

 

今回は日払い工場バイトにスポットを絞り、実際はどんな感じなのか調べてみました。

 

工場日払いバイトを調査しました

まず工場バイトの種類ですが、多種多様です。例えば車の生産が盛んな地域でしたら自動関係の工場が沢山ありますし、食品関係の工場や、繊維系の工場、印刷関係の工場など、本当に様々な種類があります。

 

 

そして工場バイトといえばライン業務と思いがちですが、必ずしもそうではありません。

 

荷物の仕分け作業や包装作業、検品作業など、時には軽作業を余儀なくされる事もあるでしょう。昔私の母は醤油工場で働いていましたが、工場で働くまでの身支度が大変だったと言っていました。

 

 

髪の毛一本入れない様に長袖長ズボン&帽子&長靴で完全防備し、蒸し暑く醤油の臭いがプンプンする工場内で朝から夕方まで作業したそうです。そんな母を心から尊敬します。そして母が醤油工場で働いた理由は「自宅から近いから」でした。あとは私と姉が当時小学生だったので、平日のみのバイトという条件を承諾してくれたからだそうです。

 

 

私のママ友は、海苔の工場で働いています。ベビー服の縫製工場で働いている友達もいますし、パン工場で働いている子も身近にいます。私の周囲では小さい子供を持つママさんが多く、やはり働いた理由を「土日・祝日休みというこちらの希望が通った」との意見が多いです。

 

 

しかし中には「希望通りのシフトが通らず工場バイトを辞めた」という話や「人間関係が怖くて速攻辞めた」という話も聞きます。人付き合いが苦手な人でも挑戦しやすいバイトとして工場バイトが挙がりがちですが、必ずしも1人で黙々と出来る仕事内容だとは限らない様です。時にはチームで強力しあったり、バイト仲間同士で休日など相談し合う場面もある様です。

 

 

こうなると、せっかく魅力的な工場系バイトも自分に合わないのではないか・・・と躊躇してしまいます。そこで最近話題なのが日払いの工場バイトです。

 

 

厳選すればですが、24時間365日稼働している工場もあります。平日は正社員として働いているのなら、例えば休みである日曜日の早朝だけ工場でアルバイトする。又は一度工場バイトで働いたけど、子供の都合に合わせてもらえずやむなく辞めた経験があるのなら、自分がバイトに合わせるという観点を捨て、自分の都合に合った時だけバイトをチョイスするという選択肢に変える。

 

 

学生さんの場合、学業を最優先に考えて空いた日だけ日払いで工場バイトをする。この様な選択肢が生まれ、継続しやすいのが工場での日払いバイトなのです。

 

 

工場系に偏らず日払い系バイトは沢山ありますが、魅力的なのは先程記載した様に自分の都合にバイトを合わせるという考え方が可能な事です。長期バイトでシフトが自分の思い通りにいかず、嫌になった経験がある人は多い筈です。

 

 

それなら自分の都合の良い時に空いているバイトを探し、働けば大丈夫ですよね。これは主婦や学生さん、社会人の方の副業にとても向いている働き方でしょう。他にも多くの日払いバイトは、働いた後にすぐ給料が支給されるケースがあります。最近は銀行振込が多いものの、現金で支給する会社もあります。

 

 

どちらが得という訳ではありませんから、自分の希望通りの支払い方法かどうかは、募集内容をしっかり確認しましょう。

 

 

どうしても工場系より体力系日払いバイトの方が給料は高い傾向にありますが、工場バイトでも十分魅力的な金額だと思います。

 

 

そして、働くうえでどうしても付きまとうのが人間関係です。私の母の醤油工場での話を聞いても、随分パート仲間での人間関係はあった様です。
パート同士の派閥は勿論の事、特に主婦って怖いですから、いざこざが起こると大変です。

 

 

まるで小学生時代の無視が、そのまま工場内で繰り広げられる感じです。

 

 

しかし日払いならその日1日頑張れば良いので、そんないざこざに巻き込まれる必要がありません。たった1日でもボス的人物がいる場合がありますが、それはそれで割り切り、1日だけ我慢して次回からは違う工場に応募しましょう。

 

 

 

それが出来るのが日払いの魅力であり、とても気持ちが軽く良い精神状態でバイトに臨む事が出来ます。でも自分はテキパキ出来ないから、その日に支持された仕事をこなせるのか不安・・・確かに気持ち分かります。私もそうです。

 

 

 

しかし調べてみると、日払いバイトに難しい仕事を命令する会社は稀です。その日にしっかりこなせる仕事内容を支持する事が多く、マニュアルがきちんとしている仕事内容だと思って良いでしょう。もし明らかに難しい仕事内容を命令してきたら?やはり人間関係同様、その日のみ頑張って、バイトを変えてしまえば良いと思います。

 

 

逆に日払いの工場バイトが自分に合っていた!という嬉しい結果をもたらす事もあります。その場合上司などに相談すれば、もしかしたらパートで採用してもらえるかもしれません。まずはお試し感覚で日払い工場でバイトしてみる。こんな風に、工場バイトも時代と共に様変わりしている様です。

 

 

即金バイト探しはコチラ