ホワイトデーの日払いや短期のアルバイトを探す

ホワイトデーの日払いや短期のアルバイトを探す

みんなホワイトデーを軽視しすぎじゃないですか?

バレンタインやホワイトデーは、今やクリスマスやハロウィンに並ぶ一大イベントの1つです。

 

但しどうしてもバレンタインばかりがクローズアップされがちで、ホワイトデーは影を潜める傾向にあります。

 

 

しかしながら、1つ1つの購入額が大きいのはホワイトデーです。

 

 

バレンタインデーに女性からチョコやプレゼントを貰った男性陣は、ホワイトデーにお返しをしなければいけません。

 

 

バレンタインで貰ったチョコやプレゼントの予想額よりも安い物をプレゼントするのはナンセンスですから、ここはひとつ男らしさを見せる為に少々奮発してプレゼントを選びたいものです。

 

 

商品の価格が高ければ良いというものでもありません。一体女性は男性からどのようなプレゼントを貰うと喜ぶのか、女性の心理を探らなければいけません。

 

 

彼女だったり奥さんだったりすれば、あらかじめ欲しいものをリサーチしておくのも手でしょう。しかし付き合って間もない間柄だったり、サプライズが好きな彼女だったりする場合もあります。

 

 

一番難しいのが職場の同僚や先輩後輩の女性からチョコを貰った場合などです。適当にクッキーをプレゼントするだけでは、男性側の株はちっとも上がりません。

 

 

ホワイトデーこそ『自分』をアピールする絶好のチャンスなのですから、プレゼント選びは慎重に行いましょう。

 

 

そんなホワイトデー期間には、ホワイトデー期間限定の短期や日払いバイトがあります。これがとても人気となっているのです。

 

 

ホワイトデーのアルバイト

ホワイトデーの時期に買い物に来るお客は、約9割が男性です。それはもう異様なムードであり、さっさとカゴに入れてレジへ進む男性もいれば、真剣にプレゼントを物色する男性もいます。

 

 

傍から見ていると結構面白い光景だったりします。日本人男性はとてもシャイな人種であり、プレゼント選びですら堂々と出来ず失敗しがちです。

 

「男がプレゼント選びをするなんて」という九州男児気質の男性も未だに健在で、そんな人こそ適当に選んでしまいやはり失敗してしまいます。その様な男性陣をきめ細やかな対応でおもてなしするのが、女性販売員の役目です。

 

 

ホワイトデーの短期バイトには様々な種類がありますが、一番多いのが販売の仕事です。スーパーのホワイトデー特設コーナーなどに配属された場合、そこまで接客技術は要しません。しかしやはり質問された場合にしっかりと答えられる様に、その特設コーナーの商品を把握しておく必要性があります。

 

 

お菓子類でしたら、成分なども大まかで良いので目を通しておくと良いでしょう。レジ打ちをひたすらやる業務にあたる可能性もありますので、レジ打ちをしっかりと練習して下さい。

 

 

百貨店でのバイトとなった場合、もう少しきめ細やかな対応を求められる可能性があります。

 

 

お客様がどのような商品を希望しているのか、希望している商品に似ている他の商品があるのなら、そちらも提案したいものです。ホワイトデー商戦に向けて、企業側は新商品を売り出したい思惑があります。バレンタインでの売り上げに伸び悩んだ場合、それこそホワイトデーで売り上げをまかなうべく必死になる時期です。

 

 

ですからたかが短期間のバイトだと楽観視せず、そのお店に貢献するべく短期間で必死に働かなければいけません。

 

 

私自身ホワイトデーの短期バイトを経験した事があるのですが、手先が器用だったのでもっぱらラッピング作業を繰り返していました。接客は一切しなかったので他のバイトの子達から羨ましがられましたが、この作業も結構大変です。

 

 

 

とにかく同じ作業を永遠繰り返しますし、手先が痛くなって麻痺してきます。爪はボロボロになりました。それでもせっせとラッピングし、職場の人達にかなり重宝されました。友達は接客を専門にバイトしていましたが、とても疲れていました。しかし元々接客が上手だった為、彼女も職場の人に重宝されていました。

 

 

彼女曰く、「大変だけど短期バイトだから慣れないのは皆一緒。商品やお店の知識が乏しくても、そこはベテランの職員さんに聞いたりして、助け合いながらバイトするのが成功のカギ」だそうです。

 

 

自分は短期バイトという事を肝に銘じ、とにかく下手下手にコツコツ頑張るのがポイントなのですね。

 

 

コツコツ地味に・・これだけ考えると何だか暗い気持ちになりそうですが、この手の短期バイトは高収入が望めるのがメリットです。短期で通常よりも高い時給が望めますから、ホワイトデーのバイトは常に人気があります。

 

 

 

ですから、もし募集があったら即応募する方が賢明でしょう。場合によっては、バレンタイン期間に短期で採用したスタッフをそのままホワイトデーの期間に再度お願いするケースもあります。

 

 

この場合でも全員がホワイトデーの短期バイトを希望するとは限りませんから、是非ホワイトデー期間の短期バイトを経験してみて下さい。慣れれば次回のバレンタインやホワイトデーなど、イベント時に声がかかるかもしれませんから。

 

 

早い者勝ち!日払いバイトを探す