日払いバイトへ行く時の準備と注意事項

日払いバイトへ行く時の準備と注意事項

日払いバイトだからと油断しないで下さい

日頃の私生活が忙しすぎて、今日朝から日払いバイトが入っている事をすっかり忘れてた。

 

起きてご飯も食べずに現場へGO!しかし何にも用意せずバイトスタートとなり、後々トラブルが続出!!

 

こんな事では、日払いバイトはおろか普通のバイトだって続きはしません。

 

日払いバイトだからといって気を緩めていると、結局自分が痛い目に合う羽目になるのです。

 

ガッカリと肩を落として帰ってくる事態にならない様に、今一度日払いバイトへ行く際の準備や注意事項を確認しておきましょう。

 

事前に知っておくべきことと準備

日払いバイトだからといって、バイト終了後に給料が現金で受け取れるとは限りません。

 

日払いとは給与計算上の締日が1日ごとという意味を示しているので、必ずしもその日のうちに給料を受け取れるとは限らないのです。

 

募集内容に「即日払い」との記載があれば、バイト後に現金で給料を受け取れると思います。

 

まずは面接や登録説明会の際に、給料の支払い方法を企業側に質問してみましょう。

 

質問と同時に自分の希望を訴えれば、場合によっては即日現金払いに応じてくれる事もあります。

 

最近はトラブル回避の為に、銀行振り込みを主流としている企業が多いのが現状です。

 

もしかしたら自分の希望が通らない事もありますので覚悟しておく事です。もしバイト終了後に現場で給料を支払われるとして、この際に領収書を記載するのが決まりです。必ず印鑑を持参しておいて下さい。

 

 

印鑑を忘れた場合、領収書を郵送でやりとりすることになるかもしれません。その費用は自分で負担することになる場合もあるので要注意です。

 

 

領収書を書く際も、適当に記載しないで下さい。金額や明細をしっかりと確認し、納得した上で給料を受け取りたいものです。会社側が指定した日時に事務所で給料を手渡されるという場合でも、印鑑が必要となります。

 

 

この場合、会社側の指定時刻に遅れると給料受け取りが延期されてしまう事があります。

 

 

せっかく自分が稼いだお金なのに不本意ですから、指定時間をしっかりと把握しておきましょう。

 

 

又事務所へ出向く際の交通費が支給されないケースが多いので、この辺りも面接や説明会でしっかりと確認しておきたいです。面接や説明会、そして給料受け取りの際も、印鑑と共にボールペンを用意しておいて下さい。

 

 

 

説明会などでは重要な事をメモするかもしれませんし、給料受け取りの際は印鑑と共に名前の記載が必要かもしれません。もし給料が銀行振り込みの場合は、これらのトラブルはありません。勝手に振り込まれるので楽ではあります。

 

 

 

しかし振込みのタイミングが会社によって様々ですので、せっかく働いたのに働いたという手ごたえがなく、不満が噴出する場合もあります。振込手数料が自己負担になるのか否かも含め、会社側にしっかりと確認しましょう。そして納得した上で契約するのが一番です。

 

バイトの種類のよっては準備しとくといい物

日払いバイトの種類にもよりますが、野外でのバイトならスポーツタオルやお茶を持参していきましょう。夏の場合は熱中症対策として、冷却シートや保冷剤を首に巻いたり、塩飴で塩分補給をすると良いです。冬の場合はホッカイロを背中などに張ると、幾分か暖かいです。

 

 

ソックスやタイツの重ね履き、分厚い服を1枚着るよりも、薄手の服を重ねる方が効果的です。しかし仕事内容にもよりますから、身体を使う仕事だと冬でも暑くなって汗をかいてしまいます。そのままにしておくと汗が冷たくなって身体が冷えてしまい、風邪の元です。着替えを数枚持参しておきましょう。

 

 

ちょっと余談になりますが、日払いバイトだからといって挨拶もせず、不粋な顔で過ごさないで下さい。

 

 

上司から指示を受ける事が多いと思いますので、その際にきちんと「はい」と返事をする事も忘れずに。そんな当たり前の事・・と思いがちですが、その当たり前の事が出来ない人が結構多いです。

 

 

派遣先で酷い扱いを受けた!もう日払いバイトなんてするものか!と、日払いバイトに悪印象を受ける人もいますが、自分自身の態度の方が悪かったりするものです。あいさつもしない、返事もしない。こんな態度のスタッフを良く思う人はいないでしょう。よく心得ておいて下さい。

 

 

日払いバイト探しはコチラ