水商売ではありません。若いうちにやってみませんか?

期間限定の短期間でお仕事が出来る、しかも高収入で女性のみ稼げる仕事。

 

こんな説明だと水商売系を思い浮かべる人もいますが、水商売に手出しはしたくない女性は多いです。

 

その一線は超えたくないけれど若さを売りにした仕事がしてみたい。

 

そう思うのなら、若いうちにイベントコンパニオンやキャンペーンガールのバイトを経験してみるのが良いでしょう。

 

 

でも容姿に自信がないし・・人見知りで喋りが苦手だし・・こんな悩みから、人前に出て仕事する事を躊躇う女性もいます。
しかし町でキャンペンガールをしている女性をよ〜〜く観察すると、結構化粧で誤魔化しているケースが目立ちます。

 

 

厚底の靴だったりすると、多少太目の脚もカバーできちゃいます。更にはシェーディング効果のあるパンストを履いたり、着用するコスチュームで仕事を選択する事も可能です。更に、明らかに喋りが苦手なキャンペンガールも結構目にします。

 

 

それでも笑顔で頑張る姿勢と商品知識を学ぶ姿勢が大切で、どうせその日その日で喋る内容が違うのだからと割り切って場馴れしていけば、徐々に自分が出せる仕事です。

 

仕事内容はこんな感じです

キャンペンガールの仕事内容ですが、種類がとても豊富です。例えば町でティッシュやチラシ配りなどをしている人、あの人達はティッシュ・チラシ配りのバイトです。それとは別で新商品の販売促進の為に、セクシー又はミニスカなどキュートな衣装で商品を紹介している場合、その子達はキャンペンガールです。

 

 

しかし、キャンペンガールがいつもセクシー又はミニスカ衣装を着ている訳ではありません。田舎だとスーパーの入り口で商品を宣伝している事もあり、その人もキャンペンガールと言えます。私が住んでいる近所のスーパーでもキャンペンガールがお仕事していますが、白いパンツに半袖のTシャツ姿で仕事しています。

 

 

他には街頭イベントスタッフ、モデルプロダクションのキャンペンガール、家電量販店・携帯ショップでのキャンペンガール、小さなイベントブースでのMC、企業セミナー受付などもキャンペンガールの仕事と言えます。

 

 

キャンペンガールの魅力といえば、何といっても給料です。平均的な相場で見ても、拘束時間が8時間、日給12,000円と高額な報酬が設定されています。

 

 

しかし楽に稼げる訳ではありません。拘束時間が訳8時間として、寒い日にずっと外で8時間バイトするのってかなりの労力です。しかも薄着な上に生足ときたら・・もうたまりません。脚の色がおかしくなってしまいます。逆に灼熱の中で8時間という場合もあり得ます。

 

 

日焼けや熱中症に注意が必要ですし、化粧が崩れるのも気になります。立ちっぱなしで足腰が痛くなる事もあり、ヒールの高い靴を履いているとなおさら辛いです。しかしこの苦労を体験しておくと、立ち振る舞いや人前で説明する能力が育ち、就職時に得をする事もあります。

 

 

就職の際のアピールポイントとして、内容の濃いものになるでしょう。私は以前携帯ショップでキャンペンガールのアルバイトをしていました。基本的な携帯の知識、声のかけ方、説明の仕方、ある程度のトラブル時でも自分で解決する努力、研修で習った事が当日全く使えなくて愕然とした事もありました。しかし、私の説明で購入を決めて頂いた瞬間の嬉しい気持ちは、今でもはっきり覚えています。

 

 

キャンペンガールはとても遣り甲斐のある仕事だと断言できますよ。

 

 

人気の日払いをチェック