バイトの祝い金って本当にもらえるの?

バイトの祝い金って本当にもらえるの?

採用祝い金ってどうやってもらうの?

バイト情報サイトを見ると、目立つ箇所に【採用祝い金○○円!】という記載が目につくようになりました。

 

実際私の友達も採用祝い金が貰える求人サイトから応募して、採用されてから手続きしたら本当に祝い金が貰えたそうです。

 

私が利用したサイトは祝い金の制度がなかった為に、何だか無償に悔しかった事を覚えています。

 

そもそもバイトの祝い金ってどうして発生するのでしょう?

 

サイト側に損はないのでしょうか?私なりにですが、祝い金の仕組みを調べてみました。

 

祝い金には運営方法が関係している?

祝い金を貰える求人サイトは、無料で掲載することができる「成功報酬型」というモデルでサイト運営しています。

 

企業側が求人サイトに掲載する→バイト探しをしている人が応募する→面接へいって採用決定→企業側から求人サイトへ1採用分の支払いをする→求人サイトが応募者へ祝い金を支払う。という流れです。

 

採用成立後、たとえば企業が採用1人あたり5万円の報酬をを求人サイトに支払ったとして、そのうち5000円を採用された人に支払うという流れです、求人サイトは利益がちゃんと出ていますから、求人サイトにとってもリスクは小さいのです。

 

そして「成功報酬型」という点も重要で、企業にとっては応募があっても不採用の場合も多いですから、あえて最終的な採用成立によって報酬が発生するという仕組みにします。

 

そうすれば企業側も無駄なお金を支払わずに済むわけです。一方で祝い金を掲げていない求人サイトは、「求人を1件○日間掲載すると○○円」というコストが発生する形です。「掲載課金型」というモデルで、長時間多くの求人案内を掲載すればするほど企業側からの収入が得られます。

 

企業側からすれば、応募があろうがなかろうが採用が成立しようがしまいが、サイト側に費用を支払い続ける仕組みです。

 

上記の2種類のモデルを比較すると、「成功報酬型」で運営している求人サイトで求人探しした方がお得感があります。

 

短期バイトをしている人などバイト探しに慣れている人達は複数の求人サイトに登録していて、祝い金が出ないサイトで良いバイトが見つかっても一旦見送り、祝い金が発生する求人サイトで同じ求人がないか再確認したりしています。

 

これが結構“ヒット”が多く、祝い金が発生するサイトに同じ求人があったりするのです!

 

祝い金のあるバイト求人サイト

こうなると応募する側としては、祝い金が発生するサイトから応募した方が絶対にお得ですから、賢いバイト探しの方法だと思います。
採用祝い金で有名なのは『ジョブセンス』『バイトリッチ』で、ジョブセンスは採用祝い金を世に広めたパイオニア的存在です。

 

求人数・募集職種共に群を抜いており、好みのバイトが見つけやすいです。バイトリッチの特徴は何と言っても祝い金の椀飯振舞です。
最大2万円のジョブセンスに対し、バイトリッチは最大3万円と太っ腹☆1つのバイト情報でサイトのほぼ1ページを使い、細かな情報までしっかり掲載するあたりも良心的だと思います。

 

 

祝い金は決して怪しいお金ではないので、せっかくですから採用されたら手続きをして有り難く頂いちゃいましょう。

 

 

採用されて祝い金をゲット!