地域差はあるものの、高めの設定となっています

日本の最低賃金はお住まいの地域によって異なりますが、最も高い東京では869円、最も低い沖縄や鳥取などでは664円となっています。

 

 

地域によって非常に開きがありますが、単発バイトを行なう場合も基準としてまずはお住まいの地域の最低賃金を把握しておくと良いでしょう。

 

 

単発バイトの場合はどうしても時期的に人材が不足している状態なのでなんとしてでも人材を確保したいという企業の思惑があるため、比較的時給が高めに設定されている場合が多いです。

 

 

そこで単発バイトでよくある職種の時給の目安を確認してみましょう。

 

主な単発バイトの時給

単発バイトで時給が高く設定されている場合が多いのは家電量販店などの販売スタッフです。

 

メーカー側が「この商品を猛プッシュして売りたい」という時にキャンペーンを実施するために販売スタッフを短期で雇うというケースが多いです。

 

もちろん商品知識もある程度は必要になりますので勉強が必要になるかと思いますが、販売マニュアルなど指導はきちんと実施されますので未経験の方でも安心して仕事を行なうことができます。

 

時給は平均して1500〜1700円くらいに設定されている場合が多いです。

 

街頭でティッシュ配りやチラシなどを配布しているスタッフの仕事も単発バイトとして人気があります。

 

不特定多数の方に笑顔を振りまきながら指定されたものを配るという仕事になりますが、経験は特に必要のない仕事です。

 

ただ、多くの人に広告の一環として売り込むために必要なスタッフとなりますので元気でハキハキとして見知らぬ人にも積極的に話しかけることができる人が望ましいとされています。

 

この仕事の時給は平均すると1000〜1400円に設定されている場合が多いようです。

 

その他にもスーパーなどで行なう試食販売スタッフ、アパレル関係のイベントスタッフ、アンケート調査、軽作業スタッフなど様々な職種の仕事があります。

 

いずれも平均して1000〜1200円くらいの時給となる場合が多いので、どの地域にお住まいであっても最低賃金以上のお給料を手にすることができます。

 

賃金の額にこだわるのであれば水商売系の仕事という選択肢もありますので色々検討してみてください。

 

 

高時給の日払いバイトを探す