バイトが会社にばれるのなんで?

バイトが会社にばれるのなんで?

会社の給料だけでは・・・日払いをやる人が急増中

正社員と掛け持ちでバイトをする理由は色々だと思います。給料が上がらない、妻からお小遣いを減らされた、どうしても買いたいものがある・・・。

 

それぞれ切実な事情があって、副収入を得ようと考えるのです。

 

しかしここで問題なのが本業です、やはり会社側からしたら、社員がバイトの掛け持ちをしているという事実は見逃せません。

 

厳重注意だけで済まずに最悪解雇という恐れもあります。では会社にばれなきゃ副業しても良いのでしょうか?

 

 

色んな意見があると思いますが、私は良いのでは?と考えます。

 

だって給料アップは一部大企業のみのこの時代、まだまだ生活に困っている人はいるのですから。

 

しかし実際バイトが会社にばれて大変な事になったという話も聞くので、今回はバイトが会社にばれる理由を考えていきましょう。

 

ばれる理由は住民税か直接みられるか

バイトがばれる理由は、アルバイト先が市区町村にあならにいくらの給料を支払ったか連絡するからです。

 

これらは日本の決まりなのでどうしようもありません。

 

そして連絡を受けた役所側は、あなたの本業の会社側にバイト分の住民税を通知し、本業分のお給料から天引きする事を支持します(←特別徴収とも言います)。
そしてその住民税の額は本業である勤務先の会社に通知されるのです。

 

ここで会社の経理があなたの住民税の額が多いことに気が付けば「この人、支払う税金が多すぎ!他から収入を得ているかも。」という疑いが出て、バイトがばれてしまいます。

 

アルバイトの額が少なければ、会社側に気付かれない事もあるでしょう。

 

ばれない対策としては、確定申告のやり方です。(年間20万円以上の副収入がある場合、確定申告が必要になります。)

 

確定申告書にある「給与所得・公的年金等に係る住民税の徴収方法の選択」の欄から「自分で納付」にチェックすれば、副業での収入の住民税は自宅にくるので会社にはばれません。

 

※役所の見落としなどに備え、確定申告は雑所得でしましょう。 雑所得にすれば、それが何による収入かが分からなくなりますから。
そしてき、ちんと普通徴収の払込用紙が届けばOKです。重要なのは@きちんと確定申告をすること。A従たる給与の住民税を普通徴収にすること。この2点が大事だといえます。

 

 

バイトが会社にばれる理由ですが、税金関係以外でも例えば「会社の人にバレやすいバイトを選択してしまった(接客とか)」「バイトをしている事をつい職場の同僚に話してしまった」といった例もあります。

 

特に、仲が良いからといって同僚に口を滑らすのは危険です。なるべく黙っていた方が賢明だといえます。

 

 

サラリーマンでも簡単に探せる日払いバイト案件はこちらから